アステラス製薬株式会社(本社:東京、代表取締役社長CEO:安川 健司、以下「アステラス製薬」)は、本日、FibroGen, Inc.(NASDAQ:FGEN、本社:米国カリフォルニア州サンフランシスコ、CEO:Thomas B. Neff、以下「FibroGen社」)と共同で開発を進めている低酸素誘導因子(HIF)プロリン水酸化酵素阻害剤ロキサデュスタット(一般名、開発コード:ASP1517/FG-4592)について、保存期の慢性腎臓病(Chronic Kidney Disease: CKD)患者を対象として実施した第III相ALPS試験で、第24週までのヘモグロビン(Hb)奏効率および第28週から第52週にかけてのHb値のベースラインからの変化量のいずれにおいても、プラセボに対する有効性の優越性が検証され、主要評価項目を達成しましたので、お知らせします。

プレスリリースはこちら