グラクソ・スミスクラインは8月30日、小児から青年期(6~17歳)の好酸球性の重症喘息患者に対する追加維持治療薬としてヌーカラ(一般名:メポリズマブ(遺伝子組換え))が欧州委員会から製造販売承認を取得したことを発表しました。この適応拡大により、ヌーカラは、欧州医薬品庁(EMA)の管轄下にある欧州31カ国で、成人および小児の患者の両方を対象とした好酸球性の重症喘息の治療薬として承認されたことになります。

プレスリリースはこちら