北海道大学電子科学研究所の榎木亮介准教授らの研究グループは、哺乳類の脳の神経活動を高精細に連続撮影することで、30分から4時間程度の短周期の体内時計であるウルトラディアンリズムを生み出す脳領域が視床下部の室傍核と傍室傍核領域に存在すること、ウルトラディアンリズムの発生には神経細胞ネットワークの同期活動が重要であることを発見しました。

プレスリリースはこちら