九州大学基幹教育院の田村かおり特任助教、岡本剛准教授、システム生命科学府一貫制博士 5年濱川昌之大学院生は、柑橘系の果物に含まれる匂いがオレンジ色を覚えにくくする効果があることを発見しました。実験では、柑橘系の果物に含まれる「デカナール」という匂い物質を使用しました。実験参加者はこの匂いがあるとき(匂い条件)と無いとき(無臭条件)の2つの条件で、オレンジ、ピンク、グリーン、ブルーに関する色短期記憶課題を行いました。記憶想起時の脳波を計測し、脳活動の瞬間的な電気的変動を表す「事象関連電位 P3 成分」を解析しました。

プレスリリースはこちら