印刷する

閉じる

神戸大学、博物館の植物標本から新種を発見するも既に絶滅 「コウベタヌキノショクダイ」と命名

(2018.09.14 17:34)

 神戸大学大学院理学研究科の末次健司特命講師らの研究グループは、兵庫県立人と自然の博物館に保管されていたタヌキノショクダイ科の標本を詳しく検討し、これまで世界中のどこからも報告されていなかった新種であることを証明し、新たに「コウベタヌキノショクダイ」と命名しました。

プレスリリースはこちら