東京大学大学院理学系研究科の川田 健太郎 大学院生と幡野 敦 特任助教、理化学研究所 生命医科学研究センターの柚木 克之 上級研究員、黒田 真也 教授らは、九州大学生体防御医学研究所の中山 敬一 教授、松本 雅記 准教授、久保田 浩行 教授、宇田 新介 准教授、東京大学大学院新領域創成科学研究科の鈴木 穣 教授、慶應義塾大学 先端生命科学研究所の曽我 朋義 教授、平山 明由 博士との共同研究により、転写を介した大規模代謝制御ネットワークがインスリンの濃度により選択的に制御されていることを明らかにしました。

プレスリリースはこちら