北海道大学大学院理学研究院の鎌田瑠泉助教・坂口和靖教授ら、米国国立衛生研究所(NIH)の尾里啓子博士ら、京都大学、横浜市立大学の研究者からなる国際研究グループは、自然免疫で中心的な役割を担うインターフェロン経路における"記憶"(インターフェロンメモリー)を発見し、その制御メカニズムを解明しました。

プレスリリースはこちら