東北大学大学院薬学研究科の平塚真弘准教授(生活習慣病治療薬学分野、東北メディカル・メガバンク機構、未来型医療創成センター、東北大学病院兼任)、菱沼英史助教(現・東北メディカル・メガバンク機構、未来型医療創成センター)、東北メディカル・メガバンク機構 機構長 山本雅之教授らは、核酸クロマトグラフィーストリップを利用して、医薬品の効果や副作用発現を予測する遺伝子多型検出系を開発しました。

プレスリリースはこちら