名古屋大学大学院理学研究科の青木 一郎研究員、森 郁恵教授らの研究グル ープは、自然科学研究機構生理学研究所との共同研究によって、てんかんの原因となる遺伝子異常が、モデル動物である線虫 C.elegansの学習速度に影響することを発見しました。

プレスリリースはこちら