東北大学材料科学高等研究所の藪浩准教授(ジュニアPI)、平井裕太郎(東北大学大学院工学研究科大学院生・日本学術振興会特別研究員)、および北海道大学電子科学研究所松尾保孝教授のグループは、金ナノ粒子が配列したシェルを持ち、磁場により移動・集積可能なメタマテリアル微粒子の分散液、「メタフルイド」の開発に成功し、可視~近赤外光照射により生じる散乱光を増強する表面増強ラマン分光(Surface-enhanced Raman Spectroscopy:SERS)により、超高感度に物質を検出することに成功しました。

プレスリリースはこちら