日水製薬株式会社(本社:東京都台東区、代表取締役社長執行役員:小野徳哉)は、新たな成長分野への積極的投資の一環として、食の安全・安心を守るための必要な品質検査や製造施設の衛生管理に用いる検査試薬の主力製品である「菌数測定用簡易培地 CompactDry」において、培養されたコロニーを AWS(Amazon Web Service)クラウドとAI(人工知能技術)を利用し簡易にカウントできるサービスを、平成30年(2018年)8月より海外の特定顧客先に限定して、試験運用を開始いたします。

プレスリリースはこちら