小野薬品工業株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:相良暁、以下、小野薬品)は、ブリストル・マイヤーズ スクイブ社(NYSE:BMY、以下、BMS)およびClovis Oncology, Inc.(NASDAQ:CLVS、以下、Clovis社)と、ヒト型抗ヒトPD-1(programmed cell death-1)モノクローナル抗体「オプジーボ(一般名:ニボルマブ)点滴静注」(以下、オプジーボ)とClovis社のPARP(ポリADPリボースポリメラーゼ)阻害剤「Rubraca(一般名:ルカパリブ)」(以下、Rubraca)について、日本、韓国および台湾において卵巣がん、乳がんおよび前立腺がんを含む複数のがん腫に対する両剤の併用療法に関する開発提携契約を締結しましたのでお知らせします。

プレスリリースはこちら