本日付で中外製薬株式会社(本社:東京都)および日本新薬株式会社(本社:京都府)は、CD20陽性の濾胞性リンパ腫を対象とし、治療選択枝の一つとして抗悪性腫瘍剤「トレアキシン」と併用される、抗CD20抗体医薬品「ガザイバ」(一般名:オビヌツズマブ)が薬価収載され販売開始されたことを発表しました。

プレスリリースはこちら