東北大学大学院医学系研究科 眼科学分野の中澤 徹(なかざわ とおる)教授、佐藤孝太(さとう こうた)助教、東北大学東北メディカル・メガバンク機構の山本雅之(やまもと まさゆき)教授、三枝大輔(さいぐさ だいすけ)講師らのグループは、緑内障モデルの一つである視神経挫滅マウスを用い、網膜に含まれる代謝物のメタボローム解析を行いました。

プレスリリースはこちら