東北大学大学院工学研究科の中山 亨教授ら(バイオ工学専攻応用生命化学講座)は、東京大学大学院医学系研究科(河合洋介助教)との共同研究により、ダイズの健康機能成分として知られるイソフラボンの一種ダイゼインの生成にまつわる長年の謎を解き明かしました。

プレスリリースはこちら