東京工業大学科学技術創成研究院化学生命科学研究所の野亦次郎助教と久堀徹教授は、蛍光タンパク質をベースとした新規酸素センサータンパク質「ANA(anaerobic/aerobic sensing fluorescence protein)センサー」の開発に成功しました。

プレスリリースはこちら