塩野義製薬株式会社は、当社が GlaxoSmithKline plc.および Pfizer Inc.とともに資本参加している ViiVHealthcare Ltd.が、長期作用型注射剤カボテグラビル(ViiV社)と長期作用型注射剤リルピビリン(JanssenTherapeutics社)の2剤レジメンについて、既存の1日1回の3剤経口レジメンでウイルス抑制が達成されているHIV感染患者を対象とした、有効性および安全性を評価する第 III 相臨床試験(ATLAS 試験)に関して、良好な結果が得られたことを発表しましたので、お知らせいたします。本試験の詳細な結果は、今後学会にて発表予定です。

プレスリリースはこちら