熊本大学、九州大学及びウシオ電機株式会社の共同研究により、インキュベータ内で培養される細胞の状態を継続的かつリアルタイムにモニタリングすることができる光学測定装置を実用化することができました。本装置は細胞培養プレートと同程度のA6サイズの大きさであり、96ウェル細胞培養プレートの個々のウェルの培養状態を直接管理することができます。商品化に先駆けて、8月30日~31日に東京ビックサイトで開催される「イノベーション・ジャパン2018」で本装置の試作品を初めて展示すると共に、測定デモを行います。

プレスリリースはこちら