大石高生 霊長類研究所准教授、鵜殿俊史野生動物研究センター特任研究員、郷康広 自然科学研究機構生命創成探究センター特任准教授(併・生理学研究所特任准教授)、辰本将司 同特任研究員、山口勝司自然科学研究機構基礎生物学研究所技術職員、重信秀治 同特任准教授らの研究グループは、中国科学院上海生命科学研究院、スコルコボ科学技術大学、新潟大学と共同で、ヒトの脳で特異的な発現変化を示す複数の遺伝子群(モジュール)を発見し、そのモジュールに分類される遺伝子の数はチンパンジーと比べて7倍以上に及ぶことを明らかにしました。

プレスリリースはこちら