東京大学医科学研究所附属病院では、脳腫瘍外科教授 藤堂具紀を総括責任者として、悪性胸膜中皮腫に対するウイルス療法の臨床試験を開始します。

プレスリリースはこちら