関谷徹治 医学研究科研究生(彦根中央病院医師)らのグループは、神経難病である筋萎縮性側索硬化症(ALS)の治療には、これまでのように脊髄の中に移植細胞を直接注入するよりも、「表面に置くだけ」の方が、害も少なくより効果的である可能性が高いことを提唱しました。

プレスリリースはこちら