JST戦略的創造研究推進事業において、北海道大学大学院薬学研究院の松永茂樹教授、吉野達彦助教、名古屋大学 大学院工学研究科の石原一彰教授、波多野学准教授らは、市販の簡素なロジウム触媒)と有機触媒)を組み合わせる技術を開発しました。このハイブリッド触媒は、片方の触媒だけでは見られない鏡像異性体)選択性の高い触媒性能を持ち、廃棄物を減らして有用分子を合成できる技術へとつながりました。

プレスリリースはこちら