早川卓志 霊長類研究所特定助教、半谷吾郎 同准教授、澤田晶子 日本学術振興会特別研究員(中部大学)、阿形清和 学習院大学教授らの研究グループは、ニホンザルの糞便のDNAを分析し、野生のニホンザルがどのような腸内細菌を持っているかを明らかにしました。

プレスリリースはこちら