伊東幸敬iPS細胞研究所研究生(兼・株式会社メガカリオン主任研究員)、中村壮 同特定研究員、江藤浩之 同教授(兼・千葉大学センター長)らの研究グループは、自治医科大学、慶應義塾大学、名古屋大学、滋賀医科大学、宮崎大学、佐竹化学機械工業株式会社、株式会社メガカリオンと共同で、骨髄や血管内において発生する物理的な乱流が血小板生成の鍵であることを突き止め、大量に高品質の血小板を作製することに成功しました。

プレスリリースはこちら