王丹 高等研究院物質ー細胞統合システム拠点(iCeMS=アイセムス)特定拠点准教授、飯田慶 医学研究科特定助教らのグループは、マウス前脳領域の神経細胞と神経細胞の間に形成される接合部位(シナプス)を対象に、m6A(RNAへのメチル化の一種)修飾を受けたmRNAの存在を網羅的に調べ、シナプス形成にかかわるmRNAの多くがm6A修飾を受ける様子を明らかにしました。

プレスリリースはこちら