見学美根子 高等研究院 物質-細胞統合システム拠点(iCeMS=アイセムス)教授、川端 Galbraith ケリー 同研究員、渡邊直樹 生命科学研究科教授、三品昌美 東京大学教授(現・立命館大学教授)らの研究グループは、タンパク質「MTSS1」が、アクチン繊維構造のバランスをとる機能をもつことを発見し、神経細胞の微細形態のわずかなズレが突起全体の空間分布を変える機構を証明しました。

プレスリリースはこちら