塩野義製薬株式会社は、重症化および合併症を起こしやすいリスク要因をもつインフルエンザ患者を対象としたバロキサビル マルボキシルの第III相臨床試験(CAPSTONE-2)において、主要評価項目であるインフルエンザ罹病期間(インフルエンザ症状が回復するまでの時間)がプラセボに対する優越性を示し、本試験の主要目的を達成したことをお知らせいたします。また、本薬は主要な副次評価項目である抗ウイルス効果(ウイルス排出期間の短縮や体内ウイルス量の減少効果など)においても、プラセボおよびオセルタミビルに対する優越性を示しました。さらに、本薬は、インフルエンザ関連合併症の発現率をプラセボに対して有意に低下させました。一方、本試験での本薬の忍容性は良好であり、安全性について懸念は示されませんでした。本試験の詳細な結果は、今後学会にて発表する予定です。

プレスリリースはこちら