アステラス製薬株式会社(本社:東京、代表取締役社長CEO:安川健司、以下「アステラス製薬」)は、Seattle Genetics社と共同で開発を進めているenfortumab vedotinについて、免疫チェックポイント阻害剤(Checkpoint Inhibitors: CPI)による治療歴のある局所進行性または転移性尿路上皮がん患者を対象とした第III相試験(EV-301試験)において、最初の患者への投与が開始されましたので、お知らせします。

プレスリリースはこちら