このたび、名古屋大学大学院理学研究科の清光智美助教の研究グループは、情報・システム研究機構国立遺伝学研究所の鐘巻将人教授、夏目豊彰助教との共同研究で、光を用いてヒトの内在性タンパク質の局在を自在に操作する技術を開発し、細胞分裂装置(紡錘体)の配置を光で操作することに世界で初めて成功しました。

プレスリリースはこちら