名古屋大学トランスフォーマティブ生命分子研究所(ITbM)の山口茂弘教授、多喜正泰特任准教授、ガージボウスキー マレク(Grzybowski Marek)研究員らの研究チームは、理化学研究所生命機能科学研究センター(BDR)の岡田康志チームリーダーおよび愛媛大学大学院医学研究科の今村健志教授、川上良介准教授らと共同で、蛍光イメー ジング技術において近赤外領域(可視光線の赤色よりも長い波長領域)で長時間にわたって、安定して光り続けることができる蛍光標識剤の開発に成功しました。

プレスリリースはこちら