掛谷一弘工学研究科准教授、篠島亜里仏ラリボアジエール病院研究員、多田智大阪大学招聘教員らの研究グループは、長期宇宙滞在後の宇宙飛行士に見られる、眼球の後ろが平たくなる眼球後部平坦化、および眼球と繋がる視神経を取り囲む視神経鞘の拡大について、その本質的な病因を明らかにしました。

プレスリリースはこちら