藤野正寛教育学研究科博士課程学生、野村理朗同准教授、上田祥行こころの未来研究センター特定講師、水原啓暁情報学研究科講師、齋木潤人間・環境学研究科教授の研究グループは、瞑想実践者の脳活動をMRI装置で測定した結果、洞察瞑想時に腹側線条体と脳梁膨大後部皮質の結合性が低下することを発見しました。

プレスリリースはこちら