今城正道生命科学研究科助教、松田道行同教授、牟田優医学研究科研修員らの研究グループは、生体内での細胞増殖に関わるタンパク質「ERK」の活性を、生きたマウスの腸上皮組織内で可視化することに成功し、ERKの制御機構の一端を解明しました。

プレスリリースはこちら