日本新薬株式会社(本社:京都、代表取締役社長:前川 重信、以下、日本新薬)および中外製薬株式会社(本社:東京、代表取締役社長CEO:小坂 達朗、以下、中外製薬)は、国内で共同開発を進めておりました糖鎖改変型タイプII抗 CD20モノクローナル抗体「ガザイバ点滴静注1000mg」[一般名:オビヌツズマブ(遺伝子組換え)]について本日、「CD20陽性の濾胞性リンパ腫」を効能・効果として中外製薬が厚生労働省より製造販売承認を取得したことをお知らせいたします。

プレスリリースはこちら