名古屋大学大学院医学系研究科(研究科長・門松健治)細胞生物学の宮田卓樹(みやた たかき)教授、川上 巧(かわうえ たくみ)特任助教、渡邊裕斗(わたなべ ゆうと)医学部医学科6年生の研究グループは、大脳細胞をつくるための「生産ライン」が時間どおりに一定のスペースの範囲内だけで回転するために、安全柵・フェンスのような構造が大脳に存在することを発見しました。

プレスリリースはこちら