理化学研究所(理研)脳神経科学研究センター学習・記憶神経回路研究チームのジョシュア・ジョハンセンチームリーダー、レイ・ルオ研究員(研究当時)、植松朗研究員らの研究チームは、恐怖記憶の抑制には中脳ドーパミン神経が重要な役割を果たすこと、そのうち内側側坐核に投射するものが特に重要であることを発見しました

プレスリリースはこちら