富士フイルムグループの株式会社ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング(代表取締役:畠 賢一郎、以下「J-TEC」)と国立大学法人名古屋大学(学長:松尾清一、以下「名大」)は、CD19陽性の急性リンパ性白血病(Acute Lymphoblastic Leukemia, ALL)の自家細胞由来の治療薬開発に関して、名大および国立大学法人信州大学(学長:濱田州博、以下「信州大」)が有するがんへの攻撃性を高めた遺伝子改変T細胞(CAR-T細胞)の低コスト製造技術について、J-TEC・名大・信州大の3者にて特許ライセンス契約を締結することをお知らせします。

プレスリリースはこちら