高橋良輔 医学研究科教授、漆谷真 滋賀医科大学教授、玉木良高 同医員、古川良明 慶應義塾大学准教授らの研究グループは、次第に身体の自由が失われる神経難病「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」の原因タンパク質TDP-43の異常凝集体を除去する治療抗体の開発に成功しました。

プレスリリースはこちら