2018年6月2日、スイス・バーゼル発-慢性期(CP)のフィラデルフィア染色体陽性(Ph+)慢性骨髄性白血病(CML)の患者さんに対するノバルティスの2つの長期無治療寛解(TFR)試験の新たなデータがシカゴで開催された米国臨床腫瘍学会(ASCO)の第54回年次総会で発表されました。

プレスリリースはこちら