JST戦略的創造研究推進事業において、東京大学 大学院医学系研究科の吉川雅英 教授と同大学院理学系研究科の武田洋幸 教授らは、遺伝子操作を行ったゼブラフィッシュの精子べん毛について、はじめてクライオ電子顕微鏡法を用いた微細構造解析を行い、軸糸ダイニン構築メカニズムの一端を明らかにしました。

プレスリリースはこちら