生きた骨の内部では、骨をこわす「破骨細胞」と骨をつくる「骨芽細胞」が絶えず作られている。両者の絶妙なバランスのもとに、骨は自ら、破壊と再生を繰り返し続けている。

プレスリリースはこちら