一般社団法人日本マイクロバイオームコンソーシアムと国立研究開発法人産業技術総合研究所は、マイクロバイオーム関連産業におけるわが国の産業競争力強化に重要な役割を果たすことを共通の目的として、ヒトマイクロバイオーム分析法の標準化を両者の連携により加速していくことに合意しました。これに伴い、平成30年6月7日に連携協力に関する覚書を締結しました。標準化された分析法に基づいた健常人マイクロバイオームデータベースの構築を目標に、今後両者の共同研究で、推奨分析プロトコルの作成や分析用標準物質の開発に取り組んでいきます。

プレスリリースはこちら