玉野井冬彦高等研究院物質-細胞統合システム拠点(iCeMS=アイセムス)特定教授は、鶏卵の中にヒトの患者由来の卵巣癌を再現することに成功しました。これにより、患者の癌に最適な薬を短期間かつ安価に探すことが可能になります。さらに、この卵巣癌鶏卵モデルに、新開発のナノ粒子「B-PMO」を使って抗癌剤を投与し、このナノ粒子が抗癌剤の副作用を軽減する役割を果たすことも確認しました。

プレスリリースはこちら