本日、当社の子会社である北京コンチネント薬業有限公司は、アイスーリュイの結合組織疾患を伴う間質性肺疾患(CTD-ILD)の一種類である皮膚筋炎を適応症とした第3相臨床試験において、最初の患者様への投与を開始したことを発表いたしました。本試験は無作為、二重盲検、プラセボ・コントロール、52週間の試験です。本試験には、152名の被験者が参加する予定で、2019年半ばまでに被験者登録が完了する見込みです。

プレスリリースはこちら