イーライリリー・アンド・カンパニーとインサイト・コーポレーションは、本日、米国食品医薬品局(FDA)が、1剤以上の腫瘍壊死因子(TNF)阻害剤で効果不十分な中等度から重度の活動性成人関節リウマチを適応としてオルミエント(バリシチニブ)2mgの1日1回経口投与を承認したことを発表しました。オルミエントと他のヤヌースキナーゼ(JAK)阻害剤や生物学的製剤(bDMARDs)、アザチオプリンやシスクロポリンなどの免疫抑制剤との併用は推奨されません。オルミエントは、単剤もしくはメトトレキサート(MTX)や他の非生物学的疾患修飾性抗リウマチ薬との併用で使用することができます1。両社は承認に際して、関節リウマチ患者さんにおける長期安全性を評価するための無作為化比較臨床試験を行うことに合意しています。

プレスリリースはこちら