東京大学定量生命科学研究所の堀越正美准教授らの共同研究グループは、約25億年前に古細菌から真核細胞へ進化した際に転写開始システムが複雑化した仕組みを初めて明らかにしました。

プレスリリースはこちら