上田格弘 iPS細胞研究所博士課程学生(現・小牧市民病院医長)、金子新 同准教授らの研究グループは、ヒトのiPS細胞から作製したT細胞の性質を明らかにし、iPS細胞由来T細胞に、他の免疫細胞の機能を高めるヘルパーT細胞様の機能を獲得させることに成功しました。

プレスリリースはこちら