北海道大学大学院医学研究院循環病態内科学教室の福島 新助教らの研究グループは、心臓のエネルギー源産生に関わる代謝酵素の重要な翻訳後修飾であるアセチル化に注目し、先天性心疾患の病的心肥大発症メカニズムを明らかにしました。

プレスリリースはこちら