理化学研究所(理研)環境資源科学研究センター バイオ高分子研究チームのヌル・アリア・オクタビアニ特別研究員、アリ・マライ研究員、沼田圭司チームリーダーらの研究チームは、クモの糸が形成される際、クモ糸の主成分であるシルクタンパク質が局所的に「ポリプロリンIIヘリックス構造」を形成することで、シルクタンパク質の一部がクモ糸形成に必要なベータシート構造に転移することを発見しました。

プレスリリースはこちら