東京大学大学院医学系研究科と理化学研究所生命医科学研究センターの研究グループは、大規模ヒトゲノム研究を行い、日本人における心筋梗塞発症と強く関係する遺伝子変化を明らかにしました。

プレスリリースはこちら